糖尿病 食事 食事療法 レシピ

糖尿病の食事を考える エントリー記事一覧

糖尿病の食事療法の仕方
糖尿病の食事療法は、摂取総カロリーと栄養バランスを気を付けなければなりません。特に外食の機会が多くなると、栄養が偏りがちになりますので、出来れば控えるように注意しなければなりません。糖尿病の食事療法は、自宅で栄養バランスの良い摂取カロリーを計算した食事を摂りましょう。また、食事療法で気を付けなければならないことは、その食事内容だけでなく、食事の仕方にも気を付けます。食事の仕方によっては摂取カロリーをオーバーしてしまい、食べ過ぎてしまいます。例えば、何かをしながら食べることや、食事を一食抜いて後で...
糖尿病食は健康食です
糖尿病の食事療法として考えられる食事レシピは、栄養バランスや総カロリーの計算された、さまざまな工夫が施された健康食で、これらのレシピは紹介本やインターネットサイトなどでたくさん紹介されています。糖尿病の食事療法として考えられたこれらのレシピは、健康な方にとっても生活習慣病や成人病の予防食として、とても効果のある食事レシピです。糖尿病の食事療法として考えられた食事の、一食当たりの500キロカロリーの食事と、外食のメニューの500キロカロリーのものと比べると、外食メニューは高カロリーなので少なく感じ...
糖尿食の摂取カロリー
糖尿病治療で行われる食事療法で、栄養バランスやカロリーを計算した食事を「糖尿食」と言います。この「糖尿食」は健康な方へも生活習慣病の予防として、また栄養バランスの良いカロリーを抑えた食事で、健康食として健康管理できる食事です。糖尿食とはどのような食事でしょうか。詳しく紹介します。糖尿病食での治療が必要となる糖尿病とはどのような病気でしょうか。糖尿病は膵臓(すいぞう)から分泌されるインスリンというホルモンの分泌量が減少することで発症する病気です。インスリンの分泌量が不足すると、血液中のブドウ糖の量...
糖尿食のタンパク質の採り方
糖尿食では摂取カロリーが最も大切ですが、これと同時に栄養バランスも大切になります。この栄養バランスを考えるときに、偏食をしないことも大切になります。一日の食事は、三度に食べることが望ましく、朝食を抜くことや夜に一日のほとんどを食べるなどは良くありません。また、食事を摂る時間も出来る限り決めるようにします。食事を摂る時間を一定にすることも大切なことです。糖尿病の食事療法で三つの基本があります。それは・・・・一日に摂取できる総カロリーは守ること・栄養バランスの取れた食事をする。・三度の食事は規則正し...
糖尿食に飽きない方法
糖尿食で摂りすぎに注意するものでは、果物があります。果物にはビタミンや炭水化物、食物繊維が含まれていて、これらが同時に摂取できることから良い食材です。ただ果物には糖分を多く含んでいますので、摂り過ぎには気を付けなければなりません。糖尿病患者にとっては、少しの果物でも血糖値が上がり、これを下げる機能が低下しているのでなかなか下がらなくなります。適量が示してありますので、これを過ぎないように食べましょう。また、バナナはブドウ糖の吸収が早いので、糖尿病患者には低血糖の症状の時に使うと回復が早く行えます...