糖尿病 食事 食事療法 レシピ

糖尿病の症状とインスリン エントリー記事一覧

糖尿病に関する知識を深める
糖尿病は初期の症状はほとんどなく、これといった自覚症状はそれほどありません。しかし、発症して進行すると、のどの渇きや身体のだるさが目立ち、視力低下が起こる場合もあります。また、尿に甘いにおいが付くようになります。糖尿病の発症原因は、日常の食生活の食事にあり、過食や栄養の偏り、不規則な食事などあります。また、発症原因には遺伝性のものや先天性のものもあります。糖尿病になるとどうなるかというと、食べたもののブドウ糖を身体を動かす元になる物質に変える、インスリンというホルモンの分泌が悪くなります。すると...
糖尿病とインスリンと血糖値
糖尿病とインスリンの関係についてご紹介します。糖尿病はどうして起こるかという仕組みですが、これは、膵臓のランゲルハンス島から分泌されるインスリンというホルモンの分泌量が減り、糖代謝がうまく行われない為に起こります。身体を動かすエネルギーの元は、食べものから得たブドウ糖で、腸より吸収され肝臓や筋肉などで消費されます。この糖代謝の交換を行うものがインスリンで、この働きが悪くなることで、ブドウとは血液に残り、血糖値の高い高血糖の状態になります。そして更にあふれた糖は、尿と一緒に排せつされます。糖尿病と...
糖尿病の初期症状
糖尿病の初期の症状は、特に感じるものはなく、空腹時の血糖値が126mg/dl未満の境界型の方なら健康だと自負することでしょう。しかし、境界型の状態が長く続くと、徐々に糖尿病の症状は現れてきます。糖尿病で現れる症状について紹介していきます。まず最初に現れる自覚症状は、のどの渇きです。通常であれば何か飲み物を飲めば、のどは潤され乾きはなくなりますが、糖尿病に起こるのどの渇きはなかなかなくなりません。何度も飲み物を飲みますが、のどの渇きが治らず水分を多く取るようになります。そうすると尿がよく出るように...
こんな症状は糖尿病の疑い
糖尿病の症状は最初はわかりにくい症状ですが、徐々に進行するとともに、ハッキリとした自覚症状が現れてきます。糖尿病の症状には、口の中にも現れてきます。糖尿病は、血液中のブドウ糖の量が糖代謝がうまくいかないために多くなり、身体中に糖分が多くなると、口の中の唾液にも糖分が増えてきます。これは、甘い物が好きな子供の口の中と同様で、虫歯が出来やすくなります。少しずつですが虫歯が増えていき、虫歯の治療を行っても追いつかないほど、歯がもろくなり欠けていき抜け落ちてしまいます。また、口の中は歯肉炎を起こし安くな...
合併症「糖尿病性腎症」とは
糖尿病はさまざまな合併症を引き起こす、さまざまな病気を併発する厄介な病気です。糖尿病だけであれば食事療法と運動療法で、改善できる可能性は十分にあります。しかし、糖尿病から引き起こした合併症は、命の危険さえある重篤な疾患が多くあります。糖尿病と診断されたら、早く改善することが合併症にならない対策です。糖尿病の合併症は、「糖尿生網膜症」「糖尿病性腎症」「糖尿病性神経障害」の三つを特に、糖尿病の三大合併症といいます。これらは糖尿病から発症する合併症の中で、最も代表的なもので糖尿病の多くの患者が発症する...