糖尿病 食事 食事療法 レシピ

糖尿病食の「ローカロリー中華料理」

糖尿病の食事療法で糖尿病食のレシピご紹介します。

「ローカロリー八宝菜」です。

食事療法も糖尿病食を工夫すれば中華料理も作ることができます。
高カロリーになりがちな八宝菜をローカロリーにして、それに添えるスープの料理です。

一人分は167キロカロリーです。

「材料1人分」
豚肉ロース・・・薄く切ったもの2枚
シイタケ・・・2枚
しょうが・・・・(すり下ろしたもの)小さじ1
タケノコの水煮・・・20グラム
ニンジン・・・20グラム
白菜・・・葉1枚
お酒、砂糖・・・少々
片栗粉・・・小さじ1
中華ダシ・・・少々
しょうゆ・・・小さじ1
ゴマ油・・・少々

八宝菜の具になるニンジン、シイタケ、たけのこ、白菜、豚を食べやすい大きさに切ります。
フライパンにゴマ油をひいて、ショウガを入れて豚肉を炒めます。
そこへ最初に火の通りにくいニンジンを入れ炒めます。
次に、たけのこ、しいたけを入れて一緒に炒めます。
そして最後に白菜を入れて炒め、調味料を全部入れて味を調えます。
水溶き片栗粉をフライパンに入れて、とろみをつけると出来上がりです。

八宝菜に添える「ワカメスープ」のレシピです。

一人分64キロカロリーです。
「材料1人分」
卵・・・半分
ねぎ・・・大さじ1
ワカメ・・・適量
酒、塩、しょうゆ・・・少々
中華だし・・・180cc

ねぎをみじん切りにしておき、卵はとかずにほぐしておきます。
鍋に中華だしを入れて煮ます。
先程のほぐした卵を鍋に流し入れ、固まらないようにゆっくりと混ぜます。
ワカメと調味料の酒、醤油、ゴマ油を入れて、最後に塩で味を調えて下さい。
この時塩はあまり入れすぎないように、辛くならないように注意します。

中華料理は、そもそも味の濃い料理で、カロリーも高いものが多くあります。
このレシピで料理すれば、カロリーは抑えられ、ワカメが持って塩分を考慮して塩加減さえ気を付ければ糖尿病食によいレシピになります。


是非、このレシピを参考にして下さい。

糖尿病食の「ローカロリー中華」 関連記事