糖尿病 食事 食事療法 レシピ

糖尿病食の「牛肉とゴボウの煮物」

糖尿病食でなかなか使えない牛肉を使ったレシピです。
牛肉料理で少しこってりとした料理ですが、カロリーは160キロカロリーと、とても低い料理です。
「牛肉とゴボウの煮物」のレシピを紹介します。

「材料1人分」

牛肩肉、なるべく赤身を選ぶ・・・40グラム
ゴボウ・・・30グラム
卵・・・1個
だし汁・・・小さじ2
砂糖・・・小さじ1
酒・・・小さじ1
醤油・・・大さじ1

ゴボウの皮をむき、ささがきに切って水にさらしてあく抜きをしておきます。
しばらくしたらゴボウをザルに上げて水を切ります。
牛肉は食べやすい大きさに切っておきます。
鍋かまたは、フライパンにだし汁と砂糖、酒、醤油加えて少し煮ます。

そこへささがきにしたゴボウを入れ3分ほど煮ます。
この間に卵をボールに入れて溶き卵にしておきます。
ゴボウを入れたところへ牛肉を入れてほぐしながら、牛肉に火が通るまで煮ます。
牛肉は色が変わる程度で結構です。

最後に溶き卵を回し入れます。
卵が少し固まってきたら、蓋をして火からおろします。
2分ほど置く余熱で卵が固まり柔らかく仕上がります。
鍋のだし汁も美味しいですから、器に入れて盛りつけます。


「牛肉とゴボウの煮物」に添える「もやしとキュウリのあえもの」
一人分は70キロカロリーです。

「もやしとキュウリのあえもの」

材料「1人分」
もやし・・・1/4袋
キュウリ・・・半分
薄切りハム・・・1枚
お酢・・・小さじ1
ゴマ油・・・小さじ1
中華スープ・・・小さじ2
お醤油、お砂糖、ラー油・・・少々

もやしをゆでてせん切りにして、これと一緒にハム、キュウリをボールに入れます。
調味料を入れ混ぜ合わせるだけなので、料理はこれだけです。
サラダの代わりに簡単にできますのでいかがでしょうか。
緑黄色野菜も加えれば、さらに野菜がたっぷりの糖尿病食によいヘルシーなレシピになります。

是非、このレシピを参考に料理されては如何でしょう。

糖尿病食の「牛肉とゴボウの煮物」 関連記事