糖尿病 食事 食事療法 レシピ

糖尿病改善には腸内環境を整える食物繊維

糖尿病の治療は、食事療法と運動療法を中心に行います。
この食事療法と運動療法を行い、これまで過酷に働かせてきた膵臓(すいぞう)を休ませてやれば、再び活発に機能するようになります。

しかし、これを行って血糖コントロールを行ったが、うまく血糖コントロールできず、医師の指示でインスリンを使うことになります。

糖尿病治療でインスリンを使い始めると、なかなか血糖コントロールが難しくなり、完治までに時間がかかる事があります。
こうなると合併症の併発の可能性が高くなり、更に食事療法を厳しく管理し、運動療法も注意することが増えます。
またインスリンを使うと、低お血糖症状というインスリン注射の副作用があります。
これについての注意が必要になります。


糖尿病治療において食事療法で大切なことに、腸内の改善があります。
糖尿病の食事療法で腸内環境を改善する食べ物を、多く取るようにします。

この腸内環境を改善する食べ物は、食物繊維です。
この食物繊維は、糖尿病の改善に効果があるだけでなく、他の疾患の予防にも効果があり、出来る限り取るように勧めています。


この食物繊維とはどのようなものでしょうか。

食物繊維は、これを含む食品を食べても、身体の中で消化酵素に分解されずに、排せつされる物です。
食物繊維を多く含む食品は、野菜やイモ、マメ、穀類、海藻類に多く含まれています。
糖尿病の食事療法では、これらの食品を使った料理を積極的に取り入れます。


また、食事療法では食事の仕方にも注意しています。
いくら糖尿病食でも短い時間にあわてて、十分に噛まずに食べてはいけません。

食物繊維は十分に噛んで食べることで効果を現します。
また、糖尿病の食事療法は、ゆっくるよく噛んで食べることで、少ない食事量で満腹感を得るように勧めています。
少ない食事量で満腹感を得れば、カロリーを抑えることができ、食後の急激な血糖値の上昇を避けられます。

また、ゆっくりと食事することで、食事中に満腹中枢が働き、満腹感が得られ食べ過ぎないように働きます。


糖尿病の食事療法は、食物繊維を積極的に取り入れ、よく噛んで時間をかけて食べるようにします。

糖尿病改善には腸内環境を整える食物繊維 関連記事