糖尿病 食事 食事療法 レシピ

糖尿病食に食物繊維は有効

糖尿病の食事療法で食物繊維が理由は、胃の中で消化に時間がかかり、腸へ届くまでに時間がかかり、食後の急激な血糖値の上昇を避けることができるからです。

一般に食事の取り方は、主食、主菜、副菜の三つが基本になります。
これをバランスよく食べることが良く、食材の色が白、赤、黄、緑、黒の物を一食当たりに取り入れるとバランスの良い食事といえます。

主食のご飯は、150gから200gを目安にします。

これは栄養バランスを考えたもので、それぞれの食材の栄養素を覚えることは大変ですので、わかりやすくしたものが、この色で判断する方法です。

栄養別で食事の栄養バランスの良い割合は、タンパク質が15%、脂質が25%、糖質を60%取る割合が一番良いと考えられています。

これは、糖尿病の方なら全般にいえることで、糖尿病予備軍の方も、糖尿病の方も同様になります。

栄養バランスの良い食事は、食後の急激な血糖値の上昇を抑えます。
これらの食事療法を考えると、糖尿病に限らず、いろいろな病気の予防にも役立ち、肥満、高血圧など生活習慣病の予防にも効果があり、更に、これらの改善にも効果を現します。


近年、話題になっているメタボリック症候群は生活習慣病になるリスクの高い方を言いますので、これらの方には、糖尿病の食事療法が効果を現します。
更に、三大成人病の予防効果も期待できます。

また、食物繊維は、動脈硬化の原因となるコレステロールの値を下げ、心筋梗塞や脳梗塞のリスクを少なくします。

食物繊維は腸へ進んだときに、脂肪分を吸収し肥満予防の効果を現します。
食物繊維を多く含む食品は。野菜や海藻類のように、カロリーのほとんどないものがありますので。摂取カロリーを抑えて満腹感が得られます。

更に食物繊維は便秘に効果があり、腸の病気に対して有効に働きます。

糖尿病食に食物繊維は有効 関連記事