糖尿病 食事 食事療法 レシピ

糖尿病の治療法1 エントリー記事一覧

糖尿病の運動療法の注意点
糖尿病の改善には、カロリーコントロールを行う食事療法と、もう一つ大切な運動療法があります。運動療法は、これまで運動不足の生活を送っていた方は、身体を動かし消費カロリーを増やして、糖尿病の改善を図ります。糖尿病の治療は食事療法、運動療法、薬物療法の三つの治療法が取られます。初期の糖尿病であれば、食事療法と運動療法で改善を行います。更に進行していれば、経口血糖降下剤やインスリン注射を行い、治療をします。運動療法や食事療法においても、患者の症状により違いますので、医師の指示を伺います。運動療法の運動メ...
糖尿病治療は家族協力が必要
糖尿病の治療には食事療法が最も大切になります。食事療法を正しく行うには、家族の協力が重要になります。糖尿病と診断されたときは、家族で糖尿病についての説明を受けます。そして、糖尿病の治療について家族にも理解して頂き、家族みんなで糖尿病治療を行います。糖尿病治療は患者本人だけでは、完治は難しい病気です。患者だけに治療させてはいけません。糖尿病治療で大切な食事療法は、家族で食事の支度をする方は、患者本人や妻子であります。食事療法は難しい事はありませんが、理解するには十分な説明を受けうることが大切になり...
糖尿病患者は骨がもろい
糖尿病にかかっている方は、骨折しやすいという報告があります。これは、健常な方と糖尿病を患っている方を比較すると、糖尿病患者で骨折する方が、健常な方のおよそ2倍もその数が多いことがわかりました。これは、糖尿病の方は、膵臓(すいぞう)からのインスリンの分泌量が少ないことが原因で、骨折とインスリンの分泌量が関係しています。骨を生成する細胞は三つの種類があり、骨細胞、骨芽細胞、破骨細胞といいます。それぞれの働きについて説明しますと、骨細胞は骨そのものを維持する細胞です。骨芽細胞は、新しい骨を作る細胞です...
骨粗鬆症は糖尿病改善で治す
身体からカルシウムが減少する問い事は、血液中のカルシウム濃度が減少することを言います。カルシウムが減少すると骨を維持できなくなり、骨がもろくなります。そこで骨の機能は、破骨細胞が骨を破壊し、これを元にカルシウムを作り、血液中にカルシウムを供給します。この状態は骨の病気になり、「骨粗しょう症」といいます。「骨粗しょう症」の骨の状態は、スポンジのように穴が空いていて、スカスカの状態にあります。これは、カルシウムを補うために、破骨細胞が骨を壊しカルシウムを作り出して、血液に補給するのでスカスカになりま...