糖尿病 食事 食事療法 レシピ

糖尿病治療は家族の協力が必要

糖尿病の治療には食事療法が最も大切になります。
食事療法を正しく行うには、家族の協力が重要になります。

糖尿病と診断されたときは、家族で糖尿病についての説明を受けます。
そして、糖尿病の治療について家族にも理解して頂き、家族みんなで糖尿病治療を行います。

糖尿病治療は患者本人だけでは、完治は難しい病気です。患者だけに治療させてはいけません。

糖尿病治療で大切な食事療法は、家族で食事の支度をする方は、患者本人や妻子であります。
食事療法は難しい事はありませんが、理解するには十分な説明を受けうることが大切になります。
食事療法の説明を受けることで食事療法を理解できます。

自治体が主催する糖尿病に関する説明会や、病院が主催する食事療法についての説明会などは、積極的に参加しましょう。
ここでは、糖尿病食の情報や、日常の食生活についてや食事の仕方などについて、さまざまな事が理解できます。

このような説明会や催し物は、家族で積極的に参加しましょう。
もし、家族の誰かが糖尿病にかかっても、食事療法を理解していれば、突然のことでも迷わずに正しい治療が行えることでしょう。


糖尿病治療を飲み薬やインスリン注射で血糖コントロールしている場合、これに使う治療薬の副作用で低血糖の症状があります。
この症状は、治療薬のインスリン注射の投与で、効果が効き過ぎ血糖値が下がりすぎる症状です。
この場合、甘い物など糖分の補給をすれば回復しますが、低血糖症状のひどい場合は、低血糖昏睡を起こし、意識不明になることもあります。

この場合、だれかの手を借りなければ危険な状態になりますので、この低血糖症状についても知って理解しなければなりません。

又子のことについては、家族の方以外にもまわりの方に知らせ、協力を求めなければなりません。


このように糖尿病の治療には、まわりの方の協力が必要です。

糖尿病治療は家族協力が必要 関連記事