糖尿病 食事 食事療法 レシピ

糖尿病患者は骨がもろく骨折しやすい

糖尿病にかかっている方は、骨折しやすいという報告があります。
これは、健常な方と糖尿病を患っている方を比較すると、糖尿病患者で骨折する方が、健常な方のおよそ2倍もその数が多いことがわかりました。

これは、糖尿病の方は、膵臓(すいぞう)からのインスリンの分泌量が少ないことが原因で、骨折とインスリンの分泌量が関係しています。

骨を生成する細胞は三つの種類があり、骨細胞、骨芽細胞、破骨細胞といいます。
それぞれの働きについて説明しますと、骨細胞は骨そのものを維持する細胞です。
骨芽細胞は、新しい骨を作る細胞です。
破骨細胞は、古くなった骨を壊わす細胞です。

骨は新しい骨を作る時に、古い骨を壊した物を使います。
破骨細胞は古くなった骨を壊し、骨の元になるカルシウムと、コラーゲンを溶かす働きがあります。

新しい骨は、分泌されたコラーゲンに骨塩が沈着して骨を生成し、新しい骨が作られます。
新しくできた骨は、骨細胞によって維持されていきます。

骨はこの咲くるを繰り返し、常に新しい骨を生成し続けます。
この一連の流れを骨代謝回転と言います。


骨を形取っている物は、怒る死有無であることはよく知られたことです。
しかし、骨が占めるカルシウムの割合は、99%であることはあまり知られていません。
そしてその残りの1%のカルシウムは、血液中や筋肉にあります。

骨を維持するには、骨細胞にいつもカルシウムが供給されていなければなりません。
ですから、カルシウムの多い食品を積極的に取り入れる必要があります。
カルシウムを多く含んだ食品は、小魚や牛乳に含まれていますので、糖尿病の方の食事療法にも、カルシウムは積極的に取り入れましょう。

糖尿病患者は骨折しやすい実情があります。

カルシウムの供給量を減らさないためにも大切です。

糖尿病患者は骨がもろい 関連記事