糖尿病 食事 食事療法 レシピ

世界には糖尿病治療が受けられない方も

糖尿病を世界的に認知度を高める活動が行われています。

2006年に国連総議会は「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」を可決し、「世界糖尿病DAY」を11月14日に決定しました。
これは、と尿病に関係するインスリンを発見した「フレデリック・バンティング」の誕生日に当たります。

糖尿病は既に世界的な病気で認知されていて、世界糖尿病DAYには世界各国でイベントが開催されます。

このイベントは、糖尿病を広く知ってもらう活動が中心で、食事療法や運動治療について説明され、糖尿病の予防策を広める活動のキャンペーンが行われています。

このような活動は日本においても行われ、通天閣、東京タワーを青色でライトアップや、世界糖尿病DAYについて数多くのメディアにも取り上げられて、報道されました。


日本において糖尿病が死亡原因の方は、一年に一万人という報告もあります。
しかし、糖尿病の治療を受けている方は、このうちの15%程度で、認知度がまだ少ないと考えられます。

全世界で糖尿病を見てみると、その合併症で亡くなる方は、10秒に1人の数で起きています。


糖尿病は、日本では昔は贅沢病と言われていた時代がありました。
これが今でも糖尿病のイメージとしてあり、実際にそう勘違いしている方もいます。

しかし、世界を見てみると、食糧事情の良くない国々で、糖尿病の発症件数が多く報告されています。

これにはハッキリとした明確な理由があり、食糧事情が良くないから、脂分の多い食事や塩分の多い食事が行われていて、一度発症すると医療が整っていないことや、治療を受けないなどの事情で、糖尿簿湯を放置して死亡する例が多いことです。


世界にはインスリンを使う治療代がない方もいて、多くの方が治療を受けずに亡くなっています。

世界には糖尿病治療が受けられない方も 関連記事