糖尿病 食事 食事療法 レシピ

糖尿病と高齢者の治療

糖尿病は高齢になると、その症状の改善は難しくなります。
これには、高齢による原因があります。

高齢になるとインスリンの分泌量が減り、インスリンによるの糖代謝が低下してきます。
この為に高血糖になり尿に糖が降りるようになります。

しかし、心臓の機能が低下しますので、尿量が少なくなり、服用している薬が身体に蓄積するようになります。

高齢者は高潔つになり安いことも原因にあります。

高齢になると、治療の意欲がなくなることもあります。
積極的に治療に取り組む気力がなく、治療のために生活を改善しようと考えないことも原因にあります。

この治療の気力がないことには、体力がない事も考えられ、これまでの食生活も変えられないと諦める方も多いことです。

糖尿病の食事療法を考えても、老夫婦で糖尿病食を作ることはかなり難しくなるでしょう。
食事療法は誰かのサポートがなければ、なかなか正しくは行われないでしょう。

糖尿簿湯の治療においても、毎日決まった時間に血糖値の測定をお願いしても、これが実行されるかは疑問があります。

また。血圧の記録に対しても同様のことが考えられます。

更に病気のことに対しての理解がどこまで出来るか問題になります。
理解力の問題は、病気のことに限らず、さまざまな事に関しても言えるでしょう。

運動療法についても,元気なお年寄りであれば、散歩も少し走ることも出来るでしょうが、どこかからだと壊していて、痛みを感じている方であれば、進んで運動は行わないでしょう。


高齢になり糖尿病を発症しても、治療に対する積極性はネガティブになり、進んで治療に向いてくれない現状はあります、
これは、回復を遅らせ、完治しにくい傾向にあります。


糖尿病の食事療法も、高齢になれば、今までの食を変えることに抵抗があり、また、食べ物を噛み砕く歯も弱くなっています。
運動療法を同時にしようとしても、関節が痛み出したり、心肺にも問題があり、運動できないケースもあります。
薬物療法をするにも、薬が蓄積されやすい体になっていたり、高齢と共に様々な問題があります。

こうして年齢と共にいろいろと問題が出てきますが、もし、糖尿病と診断されたとしても、高齢だからと言う理由で諦めないことです。
血糖値さえコントロールできれば改善も期待できるのですから、無理せず、出来る範囲で食事療法から始めてみましょう。

糖尿病と高齢者の治療 関連記事