福岡のICL眼科の特徴と費用の紹介サイト

スターサージカル社のICL

福岡ICLガイド管理人福岡でICLを受けようと思っても、どの眼科が安全で安く、技術力も高いのかはわかりませんよね?

どのクリニックを選ぶかで、料金やアフターケアなど大きく変わります。

今回は福岡のおすすめICL眼科を紹介します。

 

 

福岡のICL費用比較 <2019年最新>

料金はいくら?

ICL大阪ガイドの管理人福岡でICL施術を受けるにしても、クリニックによって費用が大きく違ってきます。

大手クリニックほど費用は安い傾向がありますね。

またICLは自由診療のため、適応検査が有料のクリニックの場合は検査に1万円近くする場合もあるので注意してください。

クリニック 両眼料金
品川近視クリニック 福岡院
最安値
<乱視なし>
近視度数-5D未満:46.3万円
近視度数-5D以上:49.8万円
<乱視あり>
近視度数-5D未満:56.3万円
近視度数-5D以上:59.8万円
岡眼科クリニック 普通度数 68万円
特殊度数 88万円
望月眼科 乱視なし:60万円
乱視あり:66万円
川原眼科 乱視なし:60万円(税込)
乱視あり:64万円(税込)
福山眼科 サイトに記載なし
病院にて確認してください。
(※川原眼科以外すべて税別価格)
注意 ICLは突然来院してもすぐに施術は受けられません。

個人の眼の状態を確認するため、必ず事前に適応検査を受ける必要があります。

適応検査はクリニックによって無料と有料がありますので注意してください。

 
 

福岡のおすすめICLクリニック【2019年版】

1. 品川近視クリニック福岡院

業界の大手クリニック!大手だから実現できる最安料金!

品川近視クリニック福岡院

  • 適応検査が無料!
  • 60万円以下施術
  • 専門クリニック
  • 再手術無料あり
  • 交通費補助

福岡天神駅から徒歩5分の九州最大の屈折矯正クリニック。2018年には西日本エリア最多症例数の実績を表彰されました(米国スター・サージカル社より)。

2016年・2017年でも九州・中四国エリアのICL症例数No.1を2年連続受賞。

検査+施術が1日で完了する「1日ICL」も行っており、しかも施術料金から1万円割引に!

管理人 ピンク 右

福岡でICLクリニックを迷っているなら、症例数No.1で実際に料金が最安水準の品川近視クリニックは候補に入れておくべきだと思います。

品川近視クリニック福岡院データ

ICL費用
最安値
<乱視なし>
近視度数-5D未満:46.3万円(税抜)
近視度数-5D以上:49.8万円(税抜)
<乱視あり>
近視度数-5D未満:56.3万円(税抜)
近視度数-5D以上:59.8万円(税抜)
住所 福岡県福岡市中央区天神2-7-21 天神プライム4F
アクセス ・天神駅の地下鉄2番出口より徒歩1分
・博多駅から天神まで交通アクセス豊富
受付時間 10:00~20:00(無休)
各院 東京院、大阪院、名古屋院、福岡院、札幌院
品川近視クリニック福岡院の無料検査予約へ

 

2. 岡眼科 天神クリニック

岡眼科 天神クリニック

  • 再手術無料あり
  • 天神駅徒歩1分

岡眼科天神クリニックは天神駅から徒歩1分の好立地にあるクリニック。ICL・フェイキックIOLの他にもレーシックや多焦点眼内レンズ、オルソケラトロジーなども行っています。

飯塚市にも岡眼科の飯塚クリニックがあって、こちらでも同様の施術が受けられます。

ICL料金 普通度数 68万円
特殊度数 88万円
住所 福岡県福岡市中央区天神2-8-38 協和ビル10F
アクセス ・地下鉄天神駅3番出口から徒歩1分
・西鉄福岡(天神)駅北口から徒歩4分
・天神郵便局前バス停から徒歩5分
駐車場 駐車場なし
診察時間 10:00~13:00(受付12時30分まで)
14:00~18:00(受付17時30分まで)
※予約不要
休診日 水曜日、年末年始、お盆、学会日

 

3. 望月眼科

望月眼科

  • 駐車場20台
  • 総合眼科

レーシックとICLにも注力する福岡の眼科クリニック。次世代の視力矯正術式ともいわれる穴あきICLをはじめ、一人ひとりにあった術式を提案。

ICL(眼内コンタクト)及びレーシックの適応検査は完全予約制です。

ICL料金 乱視なし:60万円
乱視あり:66万円
住所 福岡県福岡市南区老司4丁目1-45
アクセス ・西鉄バス老司神社前から徒歩0分
・都市高速野多目インターから車で3分
駐車場 駐車場20台
受付時間 平日 8:30~12:30/14:00~17:30
土曜 8:30~12:30
※手術日は月曜・火曜・水曜
休診日 日曜・祝日

 

4. 川原眼科

福岡の川原眼科

  • 適応検査が無料!
  • 駐車場13台

国立病院機構「小倉医療センター」に勤務していた川原院長は、日本眼科学会の専門医・指導医でもあり、手術治療のエキスパート。

高度で専門的な手術をするために、さまざまな取り組みを行っており安心感があります。

ICL料金 乱視なし:60万円(税込)
乱視あり:64万円(税込)
住所 福岡県糟屋郡粕屋町仲原2526-9
アクセス ・JR篠栗線の柚須駅より徒歩15分
・西鉄バス四軒屋停留所より徒歩3分
駐車場 駐車場13台
診療時間 平日 9:00~12:30/14:00~17:30(受付)
土曜 9:00~12:30(受付)
休診日 日曜・祝日

 

5. 福山眼科

医療法人秋桜会 福山眼科

  • 駐車場30台
  • 無料説明会

福岡市東区にある地域密着型の眼科です。目の健康にこだわって、より効果的な施術を導入して患者さんに提供しています。

有水晶体眼内レンズ(Phacik IOL)の前房レンズARISANを使って施術を行います。

住所 福岡県福岡市東区土井1-8-37
アクセス ・JR香椎線土井駅から徒歩4分
・西鉄バスで八田踏切下車して徒歩2分
駐車場 駐車場30台
診療時間 月~木曜 9:00~12:00/14:00~17:30(午後は特殊検査と手術のみ)
金・土曜 9:00~12:00
休診日 日曜・祝日

 
 
 

ICLの特徴や利点と弱点

ICLの主な特徴

ICLとは眼内コンタクトレンズの事です。フェイキックIOLとも呼ばれます。

名前の通り一般的なコンタクトレンズとは異なり、角膜と水晶体の間に挿入することで着用した状態になります。

そのため、強い近視や乱視など屈折を矯正する必要がある方が、屈折矯正手術で着用するコンタクトレンズです。

以下、ICLの特徴です。

生体適合性が高い素材で作られているため目に優しい!

角膜と水晶体の間に挿入するので外からは見えない!

取り外し可能なので万が一の際は取り外すことができる!

ドライアイになりにくいので目が乾きやすい方も手術を受けられる!

 

ICL手術の流れ

手術当日の眼科医

ICL手術の流れは、まず最初に術前検査を受けることからスタートです。これはICLが適用できるかどうか、また最適なレンズを準備するための検査です。

ICL手術フロー

瞳孔を開く薬、麻酔薬を点眼します。

角膜を約3mm、切開します。

切開部から、レンズを挿入します。

虹彩と水晶体の間にレンズを固定します。

手術は約20~30分で、日帰り手術です。手術後は48時間程度で視力が戻り、医師の診断後、日常生活ができます。

手術上のリスク

夜間に、ハロー(光の周りに傘がかかったように見える)、グレア(滲みのように見える)の症状が出ることがあります。

感染症のリスク。もちろんICLだけでなくどのような手術でも、感染症のリスクはあります。

他に、視力異常、眼圧異常等、確率は低いものの可能性はありますので、異常を感じたら、直ちに医師に相談しましょう。
 

レーシックとICLとの違い

患者に説明する医師

レーシックは角膜にレーザーを照射し、角膜を削ること掘削力を調整し近視や乱視を矯正する手術です。
以下、レーシックとICLの違いです。

 手術方法


レーシックは角膜の表面にフラップを作り、角膜をレーザーで削るという手術方法ですが、ICLは角膜を約3mm切開し、そこから折り畳んだ眼内コンタクトレンズを挿入して固定する手術です。

 矯正レベル


レーシックは角膜を削る故、角膜を削る量には限度があるため強い近視や乱視は矯正できないが、ICLは眼内コンタクトレンズを挿入するので強い近視や乱視も矯正できる。

 ドライアイが悪化する可能性


レーシックは角膜を削るためドライアイが悪化する可能性があるが、ICLは角膜を削らないのでドライアイが悪化する可能性はない。

 可逆性


レーシックは角膜を削るため手術後は元に戻せないが、ICLは眼内コンタクトレンズを挿入するので手術後も元に戻すことができる。

 治療後の視界


レーシックは角膜を削るためコントラスト感度が低下する可能性があるので見え方が低下する可能性があるが、ICLは眼内コンタクトレンズの精度が高いので見え方が低下する可能性はない。
 

メリットとデメリット

ICLのメリット

角膜に触らないためドライアイになりにくい。

可逆性の手術なので近視や乱視の程度が変わって挿入中の眼内コンタクトレンズが合わなくなった場合や、白内障等の目の病気の手術が必要になった場合は取り外すことができる。

角膜を削らないため見え方が低下する可能性がなく、ドライアイが悪化しない上、強い近視や乱視を矯正することも可能。

ICLのデメリット

保険適応外の手術なので治療費がかなり高額になる。

角膜と水晶体の間に眼内コンタクトレンズを挿入するため、眼圧が上がる可能性がある。

眼の中の手術なので恐怖感があり、手術中は眼を大きく開かれるので眩しい等の不快感がある。
 

向いている人、向いてない人

ICLが向いている人

・ドライアイがひどくレーシックを適用できない人
・強い近視や乱視などレーシックを適用できない人
・角膜が薄くレーシックを適用できない人

ICLが向いてない人

・角膜と水晶体の距離が近い人(眼内コンタクトレンズと水晶体が接触し緑内障になる恐れがあるため)

・格闘技やサッカーなど頭部に強い衝撃を受ける可能性があるスポーツをしている人。

・工事現場の作業員や洞窟探検家など頭部に強い衝撃を受ける可能性がある職業に従事している人(頭部に強い衝撃を受けた影響で眼内コンタクトレンズがずれてしまい再手術が必要になる可能性があるため)
 

福岡のICL眼科選び まとめ

福岡ICLガイド管理人ICLはレーシックと比較してドライアイになりにくく、強い近視や乱視も矯正することができる等のメリットがあります。

実際には福岡でもレーシックに代わる視力矯正手術になりつつあります。

しかし、角膜と水晶体の距離が近い人や、頭部に強い衝撃を受ける可能性がある人は無理に受けようとせず、医師と相談してラゼックなどの自分に合った施術を受けるようにしてください。